2007年 12月 03日
物の見方 「糸口」 その3~彼らの考え方(感じ方)の沿革を探る~
 中国では、「古物有霊」という言葉があり、古く価値ある文物は霊を宿し、

迫り来る危機を察知し、戦火をも逃れて、自ずから生き延びると考えられ、

台北「故宮博物院」の宝物には、そのような物が、あると聞いた事があります。

c0148748_11592073.jpg





◎ あらゆるものは、震動していて、
  
  放射があり、波動がある。

  描かれた絵や文字や彫刻などの、

  いわゆる作品には、
  作った人の波動が残っており、

  その波長と同調した時、

  それを心地よく、良い物と感じるのかも・・・・         


                                     (范寛 谿谷行旅図 宋時代)


○ 丈高きもの、尊きものと同調するためには、

                自分の波長を清浄に保つ必要がありそうです。





○ 宇宙の波動は7.5ヘルツの震動だそうで、生まれたばかりの赤ちゃんは、

  同じ波長で同調しています。

  人は成長するにつれ、おかれた環境により変調し易いものですが、

  素直な小学校低学年の、子供の絵や書が素晴らしいのはこの為でしょうか・・・・
c0148748_11594755.jpg

               (このザリガニは、生きています)

○ 自分の波長を清浄に保つには、自然に接し、その恩恵を受けるしかありません。

  自然は余りにも身近にあるため、空気と同じで、その素晴らしさ、

  有難さに気付かないのでしょうか・・・・



c0148748_1215510.jpg
  ◎ 「宇宙のバランスが作り出す美」
  
  自然の中の植物の、特にその直線、曲線には、

  美しいものしかありません。

  醜いものはありません、あるとすれば、

  人の手が加わって歪められたものでしょう。

  宇宙の波動と引力と重力に対する、

  植物の成長力、

  このバランスが曲、

  直を美しく育むのでしょうか・・・・


(崔白 双喜図 宋時代)  


  

○ 茶花の生け方に、投げ入れの花、とか 花は野にあるように、などは、

  この考えをも、含むのでしょう
 
  ただ、投げ入れるのではなく ただ野にある姿だけでなく 

  この命のバランスを生けよ!

  そしてそこに、神仏を 宇宙を見よ、「自然(ジネン)とは」を感得せよ!

  と言うことなのでしょうか。                     続く
by hokorin-touchan | 2007-12-03 12:12 | 物の見方


<< 「物の見方」 補足と休憩 物の見方 「糸口」 その2~定... >>