2008年 02月 27日
物の見方 「糸口」 その9~続続続 芸術と美術~
 〇 ここでは 芸術と美術 について、 この国の見方としての違いを

   判り易くするため、いくらか強調して、 対極するものをあげていますが、

   決して、どちらが優れて どちらが劣っていると云うものでは ありません。

   いずれも、その作に 相対する人に、「昂揚、沈静、緊張、弛緩」 その他の

   感情をもたらし、物想わせるものです。

 〇 日本的見方としての

 
 〇 美術のキーワード                〇 芸術の指向する処

    満月                           十六夜

    完璧                           不完全美

    シンメトリー                      不対象の均衡

    具象                           抽象   

    静                             動 

    重                             軽

    精密                           省略

    緻密                           アッサリ

    構える                          自然体

    精緻                           簡素

    複雑                           単純

    熟練の技                        稚拙の美

    人知の限りを尽くす                  天真、素直

    無作人風(知恵、技術)                作人風(人格)

    真                             草

    中国                           日本

  
  〇 芸術は 内容、中身であり、 感情、熱情、人柄でできている。

  〇 美術は 外貌、外身であり、姿で  知恵と努力、技術、工夫で拵えたもの。

   
    これらを ふまえて あらためて往古の作品を見てみると、

    見え方 感じ方が変ってくるのではと・・・・・

  この項(芸術と美術) おしまい。               
                                   続く              
by hokorin-touchan | 2008-02-27 18:23 | 物の見方


<< 「やまとことば」 その九『言霊』 物の見方 「糸口」 その8~続... >>