2008年 03月 04日
「やまとことば」 その十「ことのは」
    「ことばに たましいがある」 という考え方は  わが国独特のものかというと

    そうでもなくて アリババと四十人の盗賊の 「開けゴマ」などという 「呪文」 は 

    ことばに 力 があるという考え方でしょう。

  〇 ただ 日本の 「ことば」 の成り立ちは、  深い 

    「ことば」 とは 「ことのは」 の つづまったもので 「言の葉」で「事の葉」であり

    葉 は 「郵便はがき」の 葉がきの葉で 「言の葉、事の波」 であり

    事 は 「物事」 の事であり、 「やまとことば」その弐 で述べた

    ヒフミ~ ・・・・・ ~ヤコト の 九 十 で

    九十(こと) は 九重の宮中から、十の天神への 祝言、祝詞(ノリト)であり

    又、 十(ト)の天神から 九(九重)の宮中へ 人の種を降すための 場所を

    十 九(床)トコ と言います。

  〇 「ことば」 の成り立ちは 「一音一意」 であり、その組み合わせで

    単語が出来ているものが多く、分解すると源意があらわれてくるものがあります。

    「文字」 も 「一音一字」 で太古からあり、それは 宇宙の真理から 

    導き出された宇宙の 波動 を「音」としてとらえたもので、

    まさに 「言の波(葉)」 であり、それに、「意味(いわれある)を持つ」 

    記号としての文字を当てたものである。

    ことのは(言の葉(波))は、宇宙の波動であり これをあやつることにより、

    共鳴という形で天地を動かした。・・・・という・・・・

    神話なのか、本当の事なのか、空海は知ったかも、・・・・

                                    続く 
by hokorin-touchan | 2008-03-04 15:00 | 日本語の語源


「やまとことば」 その九『言霊』 >>