2008年 03月 04日
「やまとことば」 その十「ことのは」
    「ことばに たましいがある」 という考え方は  わが国独特のものかというと

    そうでもなくて アリババと四十人の盗賊の 「開けゴマ」などという 「呪文」 は 

    ことばに 力 があるという考え方でしょう。

  〇 ただ 日本の 「ことば」 の成り立ちは、  深い 

    「ことば」 とは 「ことのは」 の つづまったもので 「言の葉」で「事の葉」であり

    葉 は 「郵便はがき」の 葉がきの葉で 「言の葉、事の波」 であり

    事 は 「物事」 の事であり、 「やまとことば」その弐 で述べた

    ヒフミ~ ・・・・・ ~ヤコト の 九 十 で

    九十(こと) は 九重の宮中から、十の天神への 祝言、祝詞(ノリト)であり

    又、 十(ト)の天神から 九(九重)の宮中へ 人の種を降すための 場所を

    十 九(床)トコ と言います。

  〇 「ことば」 の成り立ちは 「一音一意」 であり、その組み合わせで

    単語が出来ているものが多く、分解すると源意があらわれてくるものがあります。

    「文字」 も 「一音一字」 で太古からあり、それは 宇宙の真理から 

    導き出された宇宙の 波動 を「音」としてとらえたもので、

    まさに 「言の波(葉)」 であり、それに、「意味(いわれある)を持つ」 

    記号としての文字を当てたものである。

    ことのは(言の葉(波))は、宇宙の波動であり これをあやつることにより、

    共鳴という形で天地を動かした。・・・・という・・・・

    神話なのか、本当の事なのか、空海は知ったかも、・・・・

                                    続く 
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-03-04 15:00 | 日本語の語源
    
2008年 02月 14日
「やまとことば」 その八 「あいうえお」と「いろはにほへと」
 これは、古代 神世(かみよ)の時代に、民に、ことば を教えるためのものでした。

 意思の疎通のための「ことば」が十分でない古代に、言葉を直す、

 発声練習で声を明らかにし、国内各地でバラバラだった ことば(語彙とテニヲハ)を

 統一することと、身体内部の循環を良くし、健康を保つための「歌」でした。

 (の歌と記されてあり、身体を若々しく保つという意味) 後に和歌と漢字を

  当てたのは、日本の歌 という意味に解釈されていますが、実はこの ワカ(若)に、

  あて字をしたのかも?  (和歌の歌 では二重になるので)


 〇 アナウンサーが発声練習する、アレと一緒です。

   ア カ ハ ナ マ  イ キ ヒ ニ ミ ウ ク

   フ ヌ ム エ ケ  ヘ ネ メ ヲ コ ホ ノ


   モ ト ロ ソ ヨ   オ テ レ セ ヱ ツ ル

   ス ユ ン チ リ  シ ヰ タ ラ サ ヤ ワ

  (下図の古代文字で、綴られていましたが、カタカナで表記しました)

  始まりの ア(天) と終わりの ワ(地) をとり、

  アワ(天地)の歌といいます、この歌の元になったものが

c0148748_955946.jpg


   「四十八音図」 判り易くする為、私が書いたもので原図ではありません。

  右側の五ツの要素と上の記号の組み合わせで作られた、簡素な文字で、

  明治のアイウエオ 50音は、これを元にして作られました。

  この成立や、配置には、深く遠大な物語とメッセージがありますが、

                               またの機会に譲ります。


 〇  空海が学んだのは、古代文字で記された 天地の歌

   48音の方であったろうと推察しますが、いかが・・・・

 〇 伊勢参籠の事実、十種神宝の模写、48音の符合

   眞言密教と神道の関係などから推論したもので、

   まだまだ、入り口ですが、この脇道は、戻れなくなりそうなので、この位で・・・・


 〇 さて本線に戻ります

   以前にサ行音 ハ行音 ラ行音 を書きましたので、次は

   マ行音です

   マ・・・・真 円 丸 〇

   ミ・・・・・実 身 見 御 (尊貴) 水 道 三 幹

   ム・・・・・蒸 結(ムスブ) 産ス(ウムス) (苔むす、おむすびなど)

   メ・・・・・芽 女 陰(メ)

   モ・・・・・萌 素 藻 元 基 方(モト) 裳(モ) 百(モ)

    生命の進展に関する音義がありますが、まだよく判りません

    実が蒸されて(結ばれて)芽が出て萌えいづる、

    マ・・・は?眞栄木か? (マサカキ =鈴木のこと)

    マは 〇、 マルを宰るという事は、判っているのですが・・・・

    〇 は 命をも意味するのか?

    次回は タ行かカ行・・・・・           続く
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-14 11:40 | 日本語の語源
    
2008年 02月 02日
やまとことば その七 「あいうえお」と「いろはにほへと」
 〇 仏教の教典と共に、伝えられた 6万5千の文字は、

   情報や考え方を、文章にして伝えるには、素晴らしいものでした。

   最初はどうやって、使いこなしていったのでしょうか・・・・


 〇 まず 音を借りて当て字として使いました、「夜露死苦」

   そうです、暴走族がガードレールに書いていたアレです。


 〇 雄略天皇は、稲荷山古墳出土の鉄剣に、

   「獲加多支鹵(ワカタケル)」と表記されている、(象嵌)

   後には、古事記で「若建(ワカタケル)」 日本書紀では「雅武(ワカタケル)」

   
 〇 又、鏡銘に「意柴沙加宮(オシサカのミヤ)」 鋳出されている、地名、宮名は

   記、紀では「忍坂宮」 「押坂宮」となっている。 つまり

   中国にも日本と同じ 物や事柄のある普通名詞は、漢字の意味、

   つまり 訓を使って「宮(ミヤ)」と書くが、日本にしかない固有名詞は、

   音を借りて表記するしかなかったのでしょう。


 〇 日本語の助動詞や助詞に相当する、適切な漢字も中国語にはないので、

   万葉集では、音を借りたり訓(ヨミ)使ったりして表記されている。

   (漢文も混じって、ごちゃまぜ表記)


 〇 さて、しかし彼の国の一郡の文化(医学、薬学、天文、食、律令等)を

   理解、吸収するためには、漢字を解読し、自家薬籠中のものにする必要が

   あったし、又6万5千字に対して50音の言葉で対応できる、

   日本語も便利で捨てがたいものでした。

   漢字は読めなければ理解できないので、使える人は限られていました。

   
 〇 空海は伊勢参籠の折に学んだ、日本古代文字50音(実際には48音)を

   漢字を簡略化したもので作ろうと、考えたのではないでしょうか。


 〇 長屋王家の木簡には、

   勅旨      石川夫人         糯 阿礼    粟 阿礼
  おおみこと  いしかわおおとじ(に)  もちごめにあれ あわであれ

  と 送り仮名を記している。

  又 朱沙    価計而進出
    しゅさ   あたいをはかりてたてまつりだせ・・・・と

    助詞 「を」 を使っている。


 〇 簡単な48文字を覚えるのは容易なことで、これで漢字に

   フリガナ、 送り仮名、 助詞をつければ、難しい文字も読めるようになります。


 〇 空海が伊勢で学んだものは、「天地の歌(アワノウタ)」という、

   48音の歌でした

                                 続く

    
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-02 16:05 | 日本語の語源
    
2008年 01月 18日
「やまとことば」 その六 「あいうえお」と「いろはにほへと」
 ① 「あいうえお」 は、古代にありました。

 ② 「いろはにほへと」 は、弘法大師 空海 の創案とも言われているが・・・・

    検証してみましょう。


 〇 空海は延暦二十年(801) 入唐求法にあたり、勅許を得て、

   伊勢内宮に一千日の参籠を行い、往復の無事を祈願している。

 〇 延暦二十三年、遣唐使の船で入唐、三年の留学後、帰朝する。


 〇 又、のちに、嵯峨天皇の勅命によって、伊勢の内宮に参籠し、

   十種神宝図を転写している。


 △ 「トクサタカラ」とは、

 〇 沖津鏡、辺津鏡、叢雲剣(ムラクモ)、ウなる玉、魂返し玉、

   チ足る玉、道あかし玉、大蛇比礼(オロチヒレ)、羽々雷浸む比礼、(ハハチシム)

   木ノ葉比礼、この十種(トクサ)なり。 とあり


 
  痛むこと、有らば一二三四,五六七八九,十まで数えて、振るゑ、

  ただ、ユラユラ振るゑ。

  斯く為せば、すでにマカるも、ヨミがえる、振るの事ぞとミコト宣り。

   と、記された神道の秘宝のことで、図の転写となっているが、

   空海は秘蔵されていた、実物を、紙に書き写したのでは、なかろうかと思われます。

 〇 十種宝高野山本といわれるのが、これです。

c0148748_15321035.jpg

c0148748_15333465.jpg

  高野山 金剛奉寺 熊野道場 とあり、
  梵字が書き加えられている。
 〇 いずれにしても空海は、一千日の参籠の際、神道のすべてを習得した上で、

   唐に渡ったと思われる。


 〇 帰朝後、眞言密教を興す訳ですが、この「眞言」というのは、

   「まことのことば」ということで、「言魂」の働きを表したのでしょう、

   空海は、たくみに、仏教の奥に神道を畳み込んで、

   独自の眞言密教を興したのでしょう。

   一部証拠に、密教は、仏教には少ない、ハラヒ(祓霊)の要素の強い密教です。

 〇 眞言密教が神道と関係あり、などと言うと驚愕される方もありましょうが、

   これが日本の特質ですし、

   本来神道というのは宗教ではないのです。

   「神道」という名の通り、神の道で、神の道は、人の道なのです。

   人の道は、国の道です。

   宗教ではないから、あらゆる宗教を受け入れ、庇護もして来ました。


 〇 仏教が渡来したのは(538年)二十九代 欽明天皇の時で、

   仏教が後宮に入ったのは、三十代 敏達天皇の時、

 〇 三十一代 用明天皇は(蘇我氏の娘を母に持ち)、信者になりましたが

   仏教を信じても、日本の神の祭りは絶やしませんでした。

   皇女を伊勢神宮に仕えさせています。

 〇 後年(749年)、奈良の大仏鋳造の折は、九州の宇佐神宮からも

   大量の銅や資金を送っています。

   これが 日本の伝統です。

 ◎ 脇道に逸れました、脇道が面白いのですが、

    次回は元に戻します。                      続く 

   
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-01-18 16:04 | 日本語の語源
    
2008年 01月 08日
やまとことば その五
 〇 前に サ行音は、凝縮 を現す音義があり、

   大方、狭小、沈静を示し、静かに風の吹く音や、水の流れる音、などに使われると

   ・・・・(サラサラ、スイスイ、ソヨソヨ など)


 サ ・・・・ 小 沢 咲く 清カ(サヤカ) 早

 シ ・・・・ 締(シメル) 絞(シボル) 縮(シマル) 静(シズカ)

 ス ・・・・ 少(スクナ) 窄(スボム) 巣 素 澄 濯(ススグ) 洲(ス)

 セ ・・・・ 狭 迫 背

 ソ ・・・・ 削(ソグ) 反る 染(ソム) 添(ソエル)


 〇 反対に、拡張、躍進を表すのは、ハ行で 生命発現、成長と

   上下、左右、過去、未来に広がる、意義に使われます。


 ハ ・・・・ 葉 羽 春 花 張 早 原 母

 ヒ ・・・・ 一 開(ヒラク) 広 昼 日 火 陽 氷(ヒ)

 フ ・・・・ 二 古 経 殖(フユ) 振 降

 ヘ ・・・・ 経(ヘル) 舳(ヘ)

 ホ ・・・・ 穂 火 矛(ホコ) 秀(ホ)


 〇 ラ行音は、頭首音 には使われず、尾音となり

   は そら き さ まる こ むれ ひ など
   
   又、物音の韻 となり、カラカラ、コロコロ、などで、

   クダ ンゴ ーペ ース ーソク などはすべて、
                         後世に外国から入ったもの。


 〇 前に「破裂音」 パ ピ プ ペ ポ は初期日本語にはなかった、と書きましたが

   小さい促音 ッ ャ ュ ョ なども、使われていません。

   これらは中国から文字が入ってのち、それを読むために、発達したものです。


 〇 言葉は文化です。

   五母韻をもつ言葉は、日本語の他にも、スペイン語 ラテン語 ロシア語 

   ポーランド語 現代ギリシャ語などがあるが、日本語のような

   整然とした五十音図的表記できる言語は、他には存在しません。

   (例えば、英語のABC などは、ギリシャ文字のα(アルファ) β(ベータ)から
                         発展させた、発音の記号でしかありません。) 


 〇 「やまとことば」は、その成立当時から宇宙の法則に則った、

   整然とした体系を持っていました。

   このことから、古代日本には、それなりの高度な文化があったはずです。


 〇 しかし ここで何かおかしい、変だと、感じられませんか?

   そうです、たしか、あいうえお 五十音は、

   明治の始めに小学校教育のため創られたはず・・・・・

   それ以前は、「い ろ は に ほ へ と」 しかなかったはずでは? 

                                        続く
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-01-08 11:57 | 日本語の語源
    
2007年 12月 24日
「やまとことば」 その四~餅 秘密~
 お正月には、鏡餅を飾りますが、この風習は、ものの本によると、

平安時代に 中国から伝わったと、ありますが、

はたして、そうでしょうか、判らない事は大方、他の国から・・・・と

日本には、何もなかったの?
c0148748_21404058.jpg



 〇 岡山市では、6000年前の稲のプラントオパールが出土し、

   形状のそろいから、栽培種と判断されている。

 〇 滋賀県守山市の下之郷遺跡では、紀元前2世紀のモミ300粒が見つかり、

   DNA分析の結果、水田用温帯ジャポニカと、焼き畑用熱帯ジャポニカ
   
   だったそうで、これは稲の適性を知った上で、収穫時期の調整や、冷害、

   干ばつなどに対応していたのでは?と・・・・

 〇 奈良、平安の木簡には、稲の品種が十六種類、記されていた、

   木簡には、品種名のほか、作付時期と見られる日付や、稲を早稲(ワセ)、

   中稲(ナカテ)、晩稲(オクテ)に分け、季節に応じて栽培していたようです。


c0148748_21553368.jpg


 〇 さて、餅・・・・(ヘイ 漢音 、ヒョウ 呉音)

   もち、は、

   も・・・・百 (たくさんという意味)

   ち・・・・霊、智、力、(力、と命の根源)

   正月に餅を飾る事により、たくさんの神や、精霊の力が降臨し、

   家族の安全を、この年1年守ってくれる、という考えであったと思われます。
   
   (これは、古代からの、慣わしであったのが途中で、そのいわれが、判らなくなり、

   形だけが残ったもので、他にもこのような事例が、たくさんあります。)

 
 〇 次に 秘密・・・・ヒミツとは、

   ヒ・・・・火

   ミ・・・・水

   ツ・・・・土

   古代、「火」は人間だけが、獲得した魔法のようなもので、焼いたり、

   煮炊きする事で、食物を変化させたり、消毒作用や、暖をとるためにも、

   火に穢れなきよう、火の災のなきようにと、清浄な火を願ったはず。

 
 c0148748_2217917.jpg
〇 「水」も命の元で、飲む為にも、

   洗浄のためにも、
   
   清く保つ事が、

   大事であったでしょう。


 〇 いにしえの書に

   「焚火も清く、水清く、御竈清く、皆清く、

   火 水 土 の三つの宝緒の、荒み無ければ、潔よく、煮上ぐる御饌(ミケ)の、

   ヒモロゲを、捧ぐる、陶器(スエ)も清らかに、

   結ぶ 火 水 土 の 清祓い」 とあり、

 〇 火と水と土を清潔、清浄に制御する、技能が秘密の法だったようです。

                                     続く

       コメントは「ほっこり日記」へ・・・・・・


  
  
[PR]
by hokorin-touchan | 2007-12-24 22:36 | 日本語の語源
    
2007年 11月 23日
やまとことば その参~日本の赤~
 作家の有吉玉青さんの、エッセイで「日本の赤」というのがあり、

それは、小学校で初めて水彩画を描いた時、パレットに出したチューブの「赤」が、

自分の思っていた色ではなくて、困惑したし、すこぶる不満であったとのこと・・・・


c0148748_12183512.jpg



その十数年後、英国人の友人に

連れられて行ったロンドンの、

日本贔屓の英国人宅の、

日本庭園に造られた太鼓橋、

婦人がそれを指して、「どうしても、

日本で見たレッドにならないの!」

その時「あの絵の具のレッドだったのだ!」と、かの疑問が一気に解決した・・・と





c0148748_1141678.jpg
 





自分が何を持って「あか」と思うのかを、省察すると

まず、秋のもみじの色、


c0148748_12192387.jpg







炭の火の色(体の中から、

心の中から、ゆっくり暖められてゆき、

記憶に染みてゆくような、そんな「赤」)

 



 ある日、紺鼠の着物を着た女性が、前を歩いて行って、チラッと、

上前がめくれた時、に見えた「赤」!あれは、あまりにも鮮烈であった。

c0148748_12253590.jpg





「あか」をきものの裏にひそませるとは、

ゆかしきことであったが、

それが見えた瞬間の大胆さはどうだ、


ゆかしさは、日本の美徳ではなかったのか、この矛盾、この眩惑。 嗚呼。


 

 

 本文を五分の一に、つづめて、このような文章でしたが、さすが、

母、有吉佐和子さんの才を受け継がれた、ユーモアと機知あふれる文章でした。

 注 平凡社 「太陽」の2000年 記念号(日本の美100)より、抜粋

c0148748_1604456.gif


さて、この赤 (漢音・・・・セキ、 呉音・・・・シャク)

 あか、は             あ・・・・天
                   か・・・・暁

 日本の「あか」の語源は、清々しい、清明、清浄なる、

                        夜明けの空の色を、指すらしい。

c0148748_16171860.jpg


 時代が下り、奈良時代くらいには、夜明けも、

 あかつき・・・・暁

 しののめ・・・東雲

 あけぼの・・・曙

 あした・・・・・朝

と、細かに分けられて、歌に読まれている。

 ~~ちょっと寄り道~~

 ア行音は、天に位し、天(ア) より 地(ワ)に降った、生命の初音(ウブネ) 

初声(ウブゴエ)であり、生気の始め、事の始めを現す。

 又、地より天への応答に用いる声でもある(アイ、イイ、ウン、エーイ、オー)。

特に、「ウ」は、天体と地球の始まりを表した音で、初(ウイ)、生む、動く、産む、など

初生物の発生根、生根霊(ウネヒ)を示す、初音(始まりの声、音)

 ア行音について、詳しくは又の機会に・・・・

c0148748_1747494.gif

 
 あかが、「清浄な夜明け」の色ということは、桃山の頃、利久達、茶人が、

人知れず夜明けの水を、茶をたてるために、汲んだ、事柄などにも関連があり、

通説の陰陽思想だけではないのでした。(この件は、又別に「茶人の物の見方」で詳細を)

 (注) 初期、日本語には、「破裂音」パ、ピ、プ、ペ、ポ、などは、ありません。

濁音は使われていますが、その使われ方は特殊なようです。

 「カ」に対する「ガ」の使われ方は、カの反対で、日蝕、影、禍(ガ)、罪(ガ)などで、

むしばみ(蝕み)の状態を表す事に使われています。



 三種の神器の「カガミ」とは、カとガを写し見るということです。

政治家が、良く使う鑑みて(カンガみて)というのは、鏡に写し、

よい事か、悪い事か考えて(カガナエテ)みてということなのでしょうか・・・・

 春日大明神の「カスガ」とは「カ」で「ガ」を滌ぐ(ススグ)の意味で

清明(スガ)で、スガ(清)しいと言います。                      続く

  文章:ほっこり父ちゃん 構成とタイピングは、ほっこり母ちゃん
 お父ちゃんは、まだ一本指でしか打てませんので・・・・

        コメントは「ほっこり日記」
[PR]
by hokorin-touchan | 2007-11-23 11:42 | 日本語の語源
    
2007年 11月 19日
やまとことば その弐
 
 ◎ 数字の一から十までも、成立当時は一音づつで、

    「ヒ、フ、ミ、ヨ、イ、ム、ナ、ヤ、コ、ト」です。

    コレには壮大な物語があるようです。

 一・・・・ヒ・・・・陽、日、火、光、霊(ヒ)、干、秘、など

 二・・・・フ・・・・降ル、震(フルエル)、振、古、経(フル)

 三・・・・ミ・・・・実、身、水、道、幹、など

 四・・・・ヨ・・・・世、代、夜、寄ル、拠ル

 五・・・・イ・・・・命、息、入ル、射ル

 六・・・・ム・・・・蒸ス、結ブ、産(ウムス)、生ム、「苔むす」 「おむすび」

 七・・・・ナ・・・・成ル、生ル、撫ズ、菜、名、中(ナカ)

 八・・・・ヤ・・・・屋、社(ヤシロ)、八民(ヤタミ)、八重垣

 九・・・・コ・・・・子、請ウ、越エ、肥エ、心(ココ)、声、九重(ココノエ)

 十・・・・ト・・・・止、徹ル、閉ズ、トの国(日本国)、トの天神(トの国サツチノカミ)

          時(十機・・・・都機に通ず →先で解説 )


 遠い昔、 お陽様から、波動か 震動に乗り、降リ(フリ)下りた、実(身)は、

 この世(代)に、拠った。

 

 天祖神(アメノミオヤ)の、一息に依り、蒸されて結ばれて、産(ウム)されて、

 成り、生った? みたいな。


 ここまでの一(ヒ)~七(ナ)までを、ヒナ(雛)と云い、成人する前、人となる前、までを

 抱合している。

 一(ヒ)~十(ト)までを尽くした、全うした、治国安民を、願う者を ヒト(人)(仁)とした。

 
 治国安民、五穀豊穣、を願い民を導く者が、ヒト(仁)という宣(ノリ、告、乗) を

 持つ事ができる。

 
 この(仁)という宣を、持てるのは、 まあ、今で言う 天皇の嫡男のみで、

 その他の男子は、宮中(九ノ重) に降り、

 ト(十)の一つ前の 彦 ヒコ(一、九)を告る。

 

 昭和天皇の、「裕仁」の 裕 が名(ナ)で、仁 が 宣(ノリ、告リ、乗り)で、

 会わせて 名宣(名告、ナノリ)という。

 嫡男以外は、海が(名)で、彦が(告)で、海彦、とか、山彦、清彦、

 天智彦(アチヒコ)など。

 または、杵(キネ) 気根、と告(ノリ)を使い、 〇〇気根と名告る(ナノル)。

 男子は「名」 二文字、「告」 二文字 計四文字とする。

 現在では、天皇家でも、嫡男以外にも 「仁」 を使用されているのは、

 すでに延喜式の頃には、もう、詳しくは判らなくなっていた様で、神名や、

 その功績なども、間違いが多い。  

 コメントは、ほっこり日記へ                
                                           続く
[PR]
by hokorin-touchan | 2007-11-19 20:48 | 日本語の語源
    
2007年 11月 18日
やまとことば その壱
 私の云う処の「やまとことば」とは、我、国語成立当時のもので、
仏教等 二期、三期の外国語の入る以前のもの。

その特徴は

◎ 一音一義

  外国語は音義を以って解けず、我国語のみ一音に音義あるも、

  二期、三期の言語により、その音義薄くなりゆくことあり、注意すべし


◎ 同音同根

  やまとことばは、音が同じ場合、その音義は本質的に同根(同じ根っこを持つ)


ひとつ、ふたつ、例をあげると

  タ行2番目のチ・・・・は

  チ・・・・血、乳、父、智、千(数の1000)、力・・・・などで、

  真っ白なお母さんの「お乳」も、赤い血が乳腺を通る時、漉されたもの。

  集約して「チ」は、力と命の根源を現す音らしい。


島はなぜ「シマ」と云うのか
山は何故「ヤマ」と呼ぶのか


  マ・・・・真(マ)、丸(マル)、円(マドカ)など 〇、を司る音義あり。

  シ・・・・シマル、縮、絞、締、など凝縮するものを洗わす。
      
      (サ行音は、大方 狭小を示す意義を持ち、水の流れる音や、
       
       風の吹く音を表す語が多い、サラサラ、ソヨソヨなど)

  ヤ・・・・大きい、大いなるを含み、屋、社(ヤシロ)、安らか、

      和(ヤワス)などに使われている

大海原の中の、丸く凝縮した物を「シマ」と呼ぶ。

陸地では、大きく丸い物だから「ヤマ」と呼ぶらしい。
 
 コメントはほっこり日記へお願いします。            続く                     
[PR]
by hokorin-touchan | 2007-11-18 22:04 | 日本語の語源