2008年 02月 27日
物の見方 「糸口」 その9~続続続 芸術と美術~
 〇 ここでは 芸術と美術 について、 この国の見方としての違いを

   判り易くするため、いくらか強調して、 対極するものをあげていますが、

   決して、どちらが優れて どちらが劣っていると云うものでは ありません。

   いずれも、その作に 相対する人に、「昂揚、沈静、緊張、弛緩」 その他の

   感情をもたらし、物想わせるものです。

 〇 日本的見方としての

 
 〇 美術のキーワード                〇 芸術の指向する処

    満月                           十六夜

    完璧                           不完全美

    シンメトリー                      不対象の均衡

    具象                           抽象   

    静                             動 

    重                             軽

    精密                           省略

    緻密                           アッサリ

    構える                          自然体

    精緻                           簡素

    複雑                           単純

    熟練の技                        稚拙の美

    人知の限りを尽くす                  天真、素直

    無作人風(知恵、技術)                作人風(人格)

    真                             草

    中国                           日本

  
  〇 芸術は 内容、中身であり、 感情、熱情、人柄でできている。

  〇 美術は 外貌、外身であり、姿で  知恵と努力、技術、工夫で拵えたもの。

   
    これらを ふまえて あらためて往古の作品を見てみると、

    見え方 感じ方が変ってくるのではと・・・・・

  この項(芸術と美術) おしまい。               
                                   続く              
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-27 18:23 | 物の見方
    
2008年 02月 26日
物の見方 「糸口」 その8~続続 芸術と美術~
 〇 芸術は、その内容であり、内容は個性である。

   個性は、先天的自己(生まれながらに、天から与えられたもの)

         後天的自己(本人の眞理追求によって培われたもの)

   と書きましたが、判りにくいので、も少し詳しくしてみましょう。


 〇 先天的自己とは、天才のことです、生まれ乍らにして、何の努力もなしに、

   「糸口 その3」で述べた 「宇宙のバランス、命のバランス」を

   体内にもって生まれた人で、線を引けば線が、楽を奏でればその旋律が、

   宇宙のバランス、自然の摂理に適った、線になり、音になり、

   見る人、聴く人の心に、ここちよい昂揚や沈静、

   その他(緊張、調和、安定、安心、清浄などの感)を与えられる表現力を持ち、

   物の良し悪しを、直感的に判断する力も 備わっていたのです。

   ただし、大方夭折する運命であったようで、

   これは命(寿命)と引き換えに、天から与えられた能力だったのでしょうか?

 〇 後天的自己(本人の眞理追求によって、培われたもの)については

   糸口その1~その5などで、

   桃山茶人の物の見方の完成過程の核心部分(一部かも)についてのみ、

   触れましたので、ここでは「芸術とは」の個性の中身について、

   個性は又、その人の人格人格とは人品人柄などで
 
 〇 人品は=人品の良い人は、それがおのずと作品に現れる などと言われる

   「品性」のことで、これは、多くは、「生まれ」「育ち」に大きく左右されるものです。

   

 〇 広き野を、流れゆけども 最上川

          海に出るまで にごらざりけり

                    昭和天皇の御製です。

   バーミアンは 月ほのあかく 石仏は(みほとけ)

          御貌削がれて 立ち給いけり (アフガニスタンにて)

                    香淳皇后の御製。

   「生まれと育ち」のせいで俗にふれていない魂魄で詠む歌は、

   やはり透明で、いつくしみがあります、丈高い歌です。


 〇 芸術作品に限らず建築、彫刻、絵画、刀、焼き物、等々

   人の作った物は、大方 時代を遡るほど良い、というのは、

   昔の職人は、自然から多くを学び、自然の摂理、眞理を知り、

   神仏を敬い、畏怖し 正直で素直で、俗を離れ、確たる信念を持って、

   物作りをしたからでしょうか。

 〇 (眞実を知る人と、そうでない人は、想いが違う、

   想いの違いが作品に出る、 如実に、でる 確実に出る)


 〇 2月17日夜のTVで、弥生人が残した謎の木製品、

   現代の人間国宝3人が復元に挑む、というのがあり、

   発掘された二千年前の美しき器の復元に挑んだ3人の木工家は、

   先人の知恵と、工夫と、技術に、驚嘆し 

   改めて木工芸の心の何たるかを教わったと・・・


 〇 人格の内容について、魯山人は、

   「学問、教養、審美力、信心、正直、素直、才智」などで、

   これらが作品の内容となり、この内容が含蓄で、含蓄は信念を作り、

   信念のあるものは、足が地についていると。

   注) 含蓄は<自己の内容>

                              続く
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-26 18:59 | 物の見方
    
2008年 02月 14日
「やまとことば」 その八 「あいうえお」と「いろはにほへと」
 これは、古代 神世(かみよ)の時代に、民に、ことば を教えるためのものでした。

 意思の疎通のための「ことば」が十分でない古代に、言葉を直す、

 発声練習で声を明らかにし、国内各地でバラバラだった ことば(語彙とテニヲハ)を

 統一することと、身体内部の循環を良くし、健康を保つための「歌」でした。

 (の歌と記されてあり、身体を若々しく保つという意味) 後に和歌と漢字を

  当てたのは、日本の歌 という意味に解釈されていますが、実はこの ワカ(若)に、

  あて字をしたのかも?  (和歌の歌 では二重になるので)


 〇 アナウンサーが発声練習する、アレと一緒です。

   ア カ ハ ナ マ  イ キ ヒ ニ ミ ウ ク

   フ ヌ ム エ ケ  ヘ ネ メ ヲ コ ホ ノ


   モ ト ロ ソ ヨ   オ テ レ セ ヱ ツ ル

   ス ユ ン チ リ  シ ヰ タ ラ サ ヤ ワ

  (下図の古代文字で、綴られていましたが、カタカナで表記しました)

  始まりの ア(天) と終わりの ワ(地) をとり、

  アワ(天地)の歌といいます、この歌の元になったものが

c0148748_955946.jpg


   「四十八音図」 判り易くする為、私が書いたもので原図ではありません。

  右側の五ツの要素と上の記号の組み合わせで作られた、簡素な文字で、

  明治のアイウエオ 50音は、これを元にして作られました。

  この成立や、配置には、深く遠大な物語とメッセージがありますが、

                               またの機会に譲ります。


 〇  空海が学んだのは、古代文字で記された 天地の歌

   48音の方であったろうと推察しますが、いかが・・・・

 〇 伊勢参籠の事実、十種神宝の模写、48音の符合

   眞言密教と神道の関係などから推論したもので、

   まだまだ、入り口ですが、この脇道は、戻れなくなりそうなので、この位で・・・・


 〇 さて本線に戻ります

   以前にサ行音 ハ行音 ラ行音 を書きましたので、次は

   マ行音です

   マ・・・・真 円 丸 〇

   ミ・・・・・実 身 見 御 (尊貴) 水 道 三 幹

   ム・・・・・蒸 結(ムスブ) 産ス(ウムス) (苔むす、おむすびなど)

   メ・・・・・芽 女 陰(メ)

   モ・・・・・萌 素 藻 元 基 方(モト) 裳(モ) 百(モ)

    生命の進展に関する音義がありますが、まだよく判りません

    実が蒸されて(結ばれて)芽が出て萌えいづる、

    マ・・・は?眞栄木か? (マサカキ =鈴木のこと)

    マは 〇、 マルを宰るという事は、判っているのですが・・・・

    〇 は 命をも意味するのか?

    次回は タ行かカ行・・・・・           続く
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-14 11:40 | 日本語の語源
    
2008年 02月 02日
やまとことば その七 「あいうえお」と「いろはにほへと」
 〇 仏教の教典と共に、伝えられた 6万5千の文字は、

   情報や考え方を、文章にして伝えるには、素晴らしいものでした。

   最初はどうやって、使いこなしていったのでしょうか・・・・


 〇 まず 音を借りて当て字として使いました、「夜露死苦」

   そうです、暴走族がガードレールに書いていたアレです。


 〇 雄略天皇は、稲荷山古墳出土の鉄剣に、

   「獲加多支鹵(ワカタケル)」と表記されている、(象嵌)

   後には、古事記で「若建(ワカタケル)」 日本書紀では「雅武(ワカタケル)」

   
 〇 又、鏡銘に「意柴沙加宮(オシサカのミヤ)」 鋳出されている、地名、宮名は

   記、紀では「忍坂宮」 「押坂宮」となっている。 つまり

   中国にも日本と同じ 物や事柄のある普通名詞は、漢字の意味、

   つまり 訓を使って「宮(ミヤ)」と書くが、日本にしかない固有名詞は、

   音を借りて表記するしかなかったのでしょう。


 〇 日本語の助動詞や助詞に相当する、適切な漢字も中国語にはないので、

   万葉集では、音を借りたり訓(ヨミ)使ったりして表記されている。

   (漢文も混じって、ごちゃまぜ表記)


 〇 さて、しかし彼の国の一郡の文化(医学、薬学、天文、食、律令等)を

   理解、吸収するためには、漢字を解読し、自家薬籠中のものにする必要が

   あったし、又6万5千字に対して50音の言葉で対応できる、

   日本語も便利で捨てがたいものでした。

   漢字は読めなければ理解できないので、使える人は限られていました。

   
 〇 空海は伊勢参籠の折に学んだ、日本古代文字50音(実際には48音)を

   漢字を簡略化したもので作ろうと、考えたのではないでしょうか。


 〇 長屋王家の木簡には、

   勅旨      石川夫人         糯 阿礼    粟 阿礼
  おおみこと  いしかわおおとじ(に)  もちごめにあれ あわであれ

  と 送り仮名を記している。

  又 朱沙    価計而進出
    しゅさ   あたいをはかりてたてまつりだせ・・・・と

    助詞 「を」 を使っている。


 〇 簡単な48文字を覚えるのは容易なことで、これで漢字に

   フリガナ、 送り仮名、 助詞をつければ、難しい文字も読めるようになります。


 〇 空海が伊勢で学んだものは、「天地の歌(アワノウタ)」という、

   48音の歌でした

                                 続く

    
[PR]
by hokorin-touchan | 2008-02-02 16:05 | 日本語の語源